Home » よくある質問

よくある質問SFC中国語研究室

インテンシブ1について

Q:インテンシブ1は既習者でも履修できますか?

インテンシブ1は、全く未習の人のためのコースです。既習の人のためには、ベーシックと言うコースを用意しています。

ベーシック1または2でブラッシュアップして、科挙を利用してインテンシブに入るというのが、いいのではないでしょうか?インテンシブ2,3は科挙さえ通れば、誰でも入れます。

Q:私は高校で2年間中国語を学びましたが、高3のときは選択せず、ほとんど忘れてしまいました。SFCに入ってから基礎からしっかり学びなおそうと思っていたのですが、インテンシブ1を取ってもよいのでしょうか。科挙を受けるという選択肢もありますが、科挙に合格するほどの中国語は身についていません。

インテンシブ1は全くの初心者を受け入れるコースなので、無理です。ベーシックは既習者でも2から履修できます。もちろんちょっと思い出してベーシック2をとってもいいと思います。ベーシック1を秋に受けてしっかり思い出して、来年科挙を受けてインテンシブ2に入るのが最もいいと思います。インテンシブは 2以上は科挙さえ通っていれば入れます。

Q:インテンシブ1を履修したいのですが、語種登録に条件はありますか?

中国語の未習者であれば、どなたでも登録できます。学年の制限は特にありません。

インテンシブ2,3の履修について

Q:科挙に落ちてインテンシブ2がとれません。既習者なのでインテンシブ2も履修できない。どうすればよいか?

ベーシック2が履修可能です。

Q:科挙不合格でインテンシブ3に進めなかったのですが、中国語履修をしたい場合はどうすればいいでしょうか?教えてください。

ベーシック3が開講されています。インテンシブと同じ教科書を使っており、ページ上の進度も大体同じです。ただ、授業の方式とコマ数が違うので、少々とまどうかもしれません。ベーシックには履修制限が基本的にはありませんので(低いレベルに戻ることはできませんが)、インテンシブ2履修済の人のベーシック3の履修はOKです。

インテンシブ科目と他の必修科目の授業時間が重複した場合

Q:必修科目(体育など)の授業と、インテンシブ中国語の授業時間が重なってしまったのですが、どうすればいいですか?

この場合は、基本的にあなた自身の選択に任されます。同時間帯に2つの必修科目を申告することはできませんから、よく考えてから申告してください。

インテンシブ1が不合格のとき

Q:中国語のインテンシブ1を落とした場合、心新たにインテンシブ2を受けたいという場合はどうすればいいのですか?

  • インテンシブ1を落とした場合、次の学期始めの科挙を必ず受けて、インテンシブ2履修可能レベルに合格することが条件で、インテンシブ2に参加できます。
  • 科挙がだめだった場合、ベーシック2の履修を勧めます。ベーシック2をまじめに勉強して、9月に再度科挙を受け、インテンシブ3レベルに合格すると、インテンシブ3に履修申告できます。
  • 但しインテンシブ3の定員は15名と少ないので、かなり気合を入れて勉強しないと大変です。
  • 9月の科挙もだめだったら、ベーシックの3を履修すると、内容的にはインテンシブと同じ内容を学ぶことができます。
  • Q:1年の秋にインテンシブ1を2年の春にベーシック2を履修し、残念ながら両方とも落としました。今期できれば、インテンシブ1を再履修したいのですが可能でしょうか?

    インテンシブ1は履修できません。理由は以下の二つです

  • 1)インテンシブ1は、中国語全くゼロの人しか入れない
  • 2)春学期に語種登録していないと、秋学期のインテンシブ1には入れない
  • 残念ですが、次の方法のどれかをとってください。

  • 1)もう一度ベーシック2を履修し、合格してそのままベーシック3に進む
  • 2)ベーシック2終了後、ベーシック3をとらずに夏研修に参加して、秋学期初めの科挙を受験し、良い成績をとってインテンシブ3レベルに合格する。
  • インテンシブからベーシックへ

    Q:語種登録は中国語のままで、インテンシブからベーシックに移ることはできるのでしょうか?もし移れた場合、インテンシブ1に合格すると、ベーシックの何クラスに入ればいいのでしょうか?

    問題ありません。語種登録するのはインテンシブ1のみです。ただし履修できるのはベーシック2以上です。

    Q:インテンシブ1を履修済みの人がベーシック1を履修することは可能でしょうか?そして、インテンシブ1+ベーシック1+ベーシック2の8単位という組合わせは可能でしょうか?

    インテンシブ1を履修済みの人は、ベーシック1を履修することはできません。ベーシック2の履修は可能です。
    もし今あなたがインテンシブ2を履修中なら、貫徹して単位をとるのがベストです(インテンシブで計8単位取得)。
    もし今あなたがインテンシブ2を履修中なのに、それを途中でやめなければならない、という意味ならば、研修と組み合わせるのがベストです。

  • + 1)秋にベーシック2(2単位)をとり、春に研修に行く(2単位)
  • + 2)夏に研修に行き(2単位)、科挙を受けて秋にインテンシブ3に入る(4単位)
  • + 3)もしあなたが研修に行けないなら、秋にベーシック2(2単位)、来年春にベーシック3(2単位)をとる
  • もしあなたが現在のインテンシブ2をすでに見送っていて、履修していない場合も、ベーシック2に入るしか方法はありません。

    Q:私は今学期に中国語ベーシック1を履修しているのですが、中国語に大変興味をもち、ぜひこれからはもっと集中的に学習したいと思ったので、来学期にインテンシブ2を履修したいと考えています。どのようにすれば来学期にインテンシブ2を履修することができるのでしょうか?

    インテンシブ2を履修するためにはインテンシブ2が開講される春学期の始めに科挙が実施されますので、受験の上インテンシブ2履修可能レベルに合格することが条件です。

    ベーシックからインテンシブへ

    Q:私は今学期に中国語ベーシック1を履修しているのですが、中国語に大変興味をもち、ぜひこれからはもっと集中的に学習したいと思ったので、来学期にインテンシブ2を履修したいと考えています。どのようにすれば来学期にインテンシブ2を履修することができるのでしょうか?

    インテンシブ2を履修するためにはインテンシブ2が開講される春学期の始めに科挙が実施されますので、受験の上インテンシブ2履修可能レベルに合格することが条件です。

    語種登録、科挙アンケート後の履修取り消しについて

    Q:中国語のインテンシブの履修申請をした学生です。中国語のインテンの授業が他のとりたい授業と時間が重なってしまうことが多く、またそのとりたい授業が秋学期のみの開講のものが多いため、そちらの方を優先させたいので中国語のインテンシブの履修を取り消していただけないでしょうか?

    インテンシブ1では、春学期に語種登録を行っており、その時点ですでに名簿を作成しています。この名簿は履修申告をしたのと同じ扱いのものです。ですから、今から他に取りたい科目があるからという理由で、取り消しはできません。たとえあなたが、履修申告修正の時点でインテンシブを削除したとしても、そこに新たに科目を追加することはできない仕組みになっています。

    Q:科挙のアンケートでインテンシブ3を履修すると記入しましたが、それを後で変更することはできますか?

    インテンシブ3を履修希望とした人は、名簿に名前が載りますから、名簿に名前がありながら履修申告しないでいると、エラーとなり履修申告がストップします。

    Q:インテンシブ1に語種登録を行い、名簿に名前が載っているが、体育会活動で合宿・大会に参加することになり授業をほとんど休まざるを得なくなってしまった。履修を取り消したいのですが

    ○語種登録して正式な名簿に載った人は、履修取り消しはできません。履修申告をしないでいると、エラーであなた自身の登録がストップしてしまいます。

    ○今学期履修しないで、来年度の1期をとる予定ならば、全く出席しないで、D評価を受けてください。そうでないと、既習者ということになり、来年度もインテンシブに登録できません(必ず再度語種登録が必要です)。この場合、今学期インテンシブ1の時間帯に他の科目を申請することはできません。

    ベーシック科目の履修についての質問

    Q:ベーシックを履修する場合の方法ですが登録か何かは必要なのですか?それとも最初の授業に出席すればいいのですか?

    ベーシック1と2のクラスは、第一回目授業の参加をもって履修許可とします。第一回目授業に欠席した学生は、いかなる理由があろうと履修することができません。また、毎回履修希望者が多いため、2004年度秋学期より、選抜による制限を行っています。第一回目授業の際に志 望理由書を提出してもらい、中国語スタッフによる履修動機の分析を経て、1クラスあたり最大40名の諸君に履修を許可することになりま す。選抜は原則として当日中に行っていますが、履修許可者につきましては、講義科目における履修選抜同様、SFC-SFS上で発表されます。なお、以下の点に注意して下さい。

    1.複数クラスに志望理由書を提出することは認めません。この種の「併願」が発覚した場合には、いずれのクラスにおいても履修不許可とし ます。ですから、履修の際はよく時間割を確認して、履修計画を立てた上でクラス選択をしてください。
    2.選抜の上で履修を許可された学生諸君は、必ず履修して下さい。選抜では、補欠の繰り上げ当選など行っておりません。したがって安易な 履修放棄は、他の学生諸君の履修機会を、まったく無駄な形で犠牲にすることになります。

    ベーシック3については登録はありませんが、定員が超えた場合はベーシック1同様の選抜を行います。ですから、履修希望者はかならず 第一回目の授業に出席してください。

    Q:ベーシック1のクラス番号を間違えていたため、必修の情報基礎の時間に中国語を重ねてしまいました。クラス変更ということは無理でしょうか。

    ベーシック1のクラスは、かなりの数の人が志望理由書による選抜で落ち、とれないという状態です。したがって、原則としてクラス変更や「棄権」を認めていません。唯一の方法は、トレードです。もし1Aに合格しているなら、1Bに合格している友達のなかで入れ替わってもいいという人がいれば、トレードが成立し、OKになります。それ以外は、クラス変更の可能性はありません。もしそのような人を見つけた場合、早めに(履修申告前に)連絡してください。

    スキル科目の履修についての質問

    Q:スキル科目は履修制限または履修選抜がありますか

    履修制限または履修選抜はどの科目でもありません。

    Q:スキル科目はベーシックまたはインテンの3まで履修が終わっていないとついていけないものですか?

    インテンシブ・ベーシック3期終了が望ましいのですが、制限はありません。授業は中国語で行われますから、聞き取り力が必要です。研修に参加するなどして聞き取り力がついた人には、あまり問題はありません。

    Q:履修の単位としては必要ないのですが、スキルの授業を聴講してよろしいですか?

    授業当日に、担当教員に直接にご相談ください。

    公欠についての質問

    Q:小テスト、定期試験の日に学校を休まざるを得ないのですが、考慮していただけないでしょうか

    基本考慮しません。やむを得ない緊急事態(たとえば、本人の病気、自己、忌引などで、正式な書類が必要です)の場合は、担当の先生に相談してください。

    中国語学習についての質問

    Q:1週間に4日の中国語は、自分にはちょっとペースが速すぎるように感じています。

    インテンシブは週4日ありますが、ペースのことでいうと、逆にベーシックの方が速いと感じるかもしれません。進行スピードは両方ほぼ同じですが、授業のやりかたが全く違います。インテンシブの方は、将来中国語が「使える」ことを目指した教授法で、ベーシックは簡単な「読み書き」と基礎文法習得が目標です。人数もベーシックの方が多いです。あなたが将来中国語をどのように生かそうとしているか、を考えて選択するのが得策だと思います。

    同時履修についての質問

    Q:春学期にベーシック1で中国語を始めて、今はベーシック2を取っているのですが、やはりインテンで勉強したいと思っています。4月の科挙を受けて、インテンシブ2を履修したいと思うのですが、その場合、ベーシック2の単位を取ってしまっていては、インテンシブ2を履修できなくなるのでしょうか?

    これは不可能です。ベーシックとインテンシブは相互乗り入れできますが、自分が取得したレベルより上のレベルでないと履修申告出来ません。つまり、ベーシック2の単位を取得した人がインテンシブ科目に参入したい場合、インテンシブ3しか申告できません。

    Q:ベーシックの「1と2」か「2と3」を同時履修することはできますか?

    ベーシック1,2,3と段階を追って履修する原則に反していますので、レベルの異なる授業の同時履修は認めておりません

    Q:ベーシックをどうしても同時に別の2レベルを履修したいのですが

    それは認めていません。どうしても授業を受けたい場合は、レベルの上の授業を聴講にしてください。ベーシック科目は自由科目にできません。また、定員に達したクラスに関しては聴講はできません。

    飛び級についての質問

    Q:2002年春学期にベーシック1を履習し、2002年夏北京大学の語学研修に参加しました。科挙でインテンシブ3を目指しましたが、実力不足で不合格でした。しかし、今期、レベルアップを図りたいので、ベーシック2ではなく、ベーシック3をとりたいのですが、ベーシック2を飛ばすことは可能でしょうか。

    ベーシックには履修の制限がありません。すべて自己責任で履修してもらうことになるので、ベーシック3に履修申告することは全く問題ありません。

    Q:中国語を履修したことが無いが、科挙に合格すればインテンシブ3に進めるか否か?

    はい、合格して履修申告すれば、進めます。

    成績について

    Q:取得した成績に不満があるのですが

    専任の先生方に相談してください。

    科挙について

    Q:試験の日程、および内容は?面接などがあるのか?

    ○科挙は毎学期学期開始直前に行われます。具体的な実施要綱はホームページに掲示されますので参考にしてください。

    ○試験の内容は一般的な中国語能力を測るものですので、特別な勉強は必要ありません。また面接はありません。

    Q:科挙を受けたいのですが当日は受験できません。日程を変更して受験したいのですが。

    残念ですが、科挙は1日だけです。追試はありません。

    研修についての質問

    Q:夏季海外の復旦大学コースに行ったのですが科挙を受ければ単位申請が認められるか否か?

    単位申請というのは、研修単位のことですよね。そうでしたら、科挙を受ければ研修単位の申請ができます。たとえ合格しなくても、研修単位は申請できます。科挙の点数で、A,B,Cの評価がつきます。 逆にいえば、研修に参加した後、次の学期直前の科挙を受験しないと研修単位はとれません。

    Q:毎日エデュケーション主催の中国留学のパンフを手に入れました。一般で申し込むのとSFCで申し込むのとでは何か違いがあるのでしょうか?

    ○ほとんど同じですが、SFCの北京大学研修では「企業訪問(業者委託)」と「北大生との交流会」が用意されております。

    ○状況によって変更されますが、北京大学研修で応募者が多い場合は、SFC独自クラスを編成する可能性があります。

    ○また、説明会がSFCで開かれるかどうかや、ビザの申請やチケットの手配を誰がやるかなどが違いますので、一般で申し込む場合はこれらのことを自分の責任で手配する必要があります。

    聴講・自由科目による履修についての質問

    Q:自由科目として登録した場合、単位はもらえても、卒業に必要な単位として数えられる事はなくなるのですか?どうしても卒業に必要な単位として申告したければ単学期履修上限20単位の中に含めなければならないのでしょうか。

    はい、その通りです。自由科目の単位数は卒業単位になりません。

    Q:聴講したいのですが

    その授業が定員を満たしていない場合、担当教員の許可を受けた上で聴講することは可能です。ただし、他の学生に悪影響を及ぼすことを避けるために、授業を出たり出なかったりすることは認めません。熱心に受講するように心がけてください。

    Q:自由科目として申請したいのですが

    ○SFCの制限により、インテンシブ科目とベーシック科目は自由科目として申告することはできません。

    ○それ以外の科目に関しては、定員に満たしていない場合に限り可能です。

    他学部学生による履修についての質問

    Q:他学部に在籍している学生で、他学部の中国語のインテンシブコースを履修しています。SFC主催の夏に行われる中国の短期留学に興味があるのですが、他学部の学生も参加することはできるのでしょうか。

    ○他学部の学生の参加を受け付けてることは可能で前例もありますが単位を出すのはSFCではなく所属学部です。所属学部の学事(教務課)に相談してください。夏の研修は、毎日エデュケーションという旅行者が主催する短期中国語研修プログラムに参加して修了証を取得したSFCの学生に、研修単位申請を出すことを許可する(単位申請をしてSFC中国語研究室の科挙を受けると単位が取得できます)というものです。

    ○この研修は旅行先が一般公募しているものですから、単位なしでいいのなら、同時期に毎日エデュケーションに直接申し込めます。

    ○研修についての詳しい情報は、研修制度・留学情報を確認してください。

    コンピュータで中国語を入力する

    Q:パソコンで中国語、つまり簡体字やピンインなどを使うにはどうしたらよいのですか?

    その他

    Q:HSK3級を受験したいのですが、内容的にはどの程度の範囲が含まれるのでしょうか? インテンジブ中国語の教科書でいえば、やはり1通り(20課まで)の文法事項が含まれるのでしょうか?

    ○中国語のインテンシブとベーシックとは、授業の時間と形態は異なりますが、進度は同じで、教科書で言えば、1期は第1~7課、2期は第8~14課(13課)です。3級に合格するためには、現状のインテンシブ�とベーシック�で学びうる知識と技術だけでは足りません。真面目に勉強をしたインテンシブ3の修了者か、それに相当する中国語能力をもつ者であれば、3級に合格するかもしれません。

    ○HSKに合格したいのであれば、模擬問題集を購入して勉強をしたほうがよいと思います。また履修制限のないスキルには王慧琴先生秋学期ご担当の、HSK受験対策の授業もありますので、履修も検討してみてください。

    Q:北京大学で知り合った人が、起業するらしく、協力を求められたのですが、慶應でこんなことができるのか?

    このようなことはできません。大学は学生から授業料を徴収して授業を行なっているので、基本的に学生に対して行なう授業に責任を負っており、簡単に他の企業に任せたりすることはあり得ません。

    Q:期末試験の解答用紙を返してほしいのですが

    中国語研究室まで取りに来てください。

    ページトップへ戻る
    Copyright(c) 2012 SFC 中国語研究室 All Rights Reserved.